【厳選】データベースエンジニアのおすすめ転職エージェント8選|今後の将来性も解説

「データベースエンジニアに転職したい」
「おすすめの転職エージェントが知りたい」

と思うことはありませんか?

データベースエンジニアに転職がしたくても、何から始めていいのかわからないですよね。

転職エージェントを利用してサポートしてもらえれば安心ですが、たくさんあって迷っていしまいます。

そこで今回は

  • データベースエンジニア向けおすすめ転職エージェント
  • エージェント選びのコツ
  • データベースエンジニアの求められるスキルから将来性まで

を解説していきます。

この記事を読めば、すぐにデータベースエンジニアの内定を獲得することができます。

転職活動でお困りの方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

データベースエンジニアにおすすめの転職エージェント(サイト)比較表

データベースエンジニアおすすめ転職エージェントランキング
特徴公式サイト
レバテックキャリア
  • データベースエンジニアに転職したいなど、向上心のある人におすすめ
  • ニーズに沿った履歴書の添削などを行ってもらえる
公式サイト
ワークポート
  • 無料エンジニアスクールなどのサービスが豊富
  • 無料エンジニアスクールなど未経験からでも一から学べる
公式サイト
リクルートエージェント
  • 求人者と企業の間に転職エージェントが入り、転職活動のサポートや手続きなどの代行を行ってくれる
  • 応募書類や面接のアドバイスなどをもらえる
公式サイト
doda
  • dodaエンジニアと併設しているので、データベースエンジニアへの転職をしたい人にはおすすめ
  • T・モノづくりエンジニアの採用にも最適な転職エージェント
公式サイト
リクルートダイレクトスカウト
  • リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービス
  • 企業の顧問として働くことができる「顧問求人スカウトサービス」がある
公式サイト
JACリクルートメント
  • JACでは、約8万人の方が登録している
  • 各業界や職に詳しい約750名以上のコンサルタントがいる
公式サイト
パソナキャリア
  • 非公開求人の割合は80%以上
  • 書類の添削サポートも充実
公式サイト
Tech Clipsエージェント
  • データベースエンジニアなどの専門性への転職も有利
  • 入社半年以内のミスマッチ退職がゼロ
公式サイト

【厳選】データベースエンジニアにおすすめのIT系特化転職エージェント一覧

 

レバテックキャリア

レバテックキャリア

主にIT・web関連の経験者向けの転職エージェントとなっています。IT関連未経験からの転職というよりあくまで経験を積んでいる方が転職後もスキルを活かすことができるため、ITエンジニアから知識を身に着けてデータベースエンジニアに転職したいなど、向上心のある人におすすめです。

アドバイザーが市場や企業のニーズをしっかり把握しているため、ニーズに沿った履歴書の添削などを行ってもらえるので、内定率が非常に高いです。また、退職時フォローや入社後ヒアリングなどのサービスも充実しています。

>ズレないマッチング精度の高さで内定率90%!!
レバテックキャリアを確認してみる<<<

ワークポート

ワークポート

専任の転職コンシェルジュにより転職活動の相談から求人紹介まで一括でサポートを行ってもらえる総合転職サイトですが、中でもIT企業とのコネクションが強く、無料エンジニアスクールなどのサービスが豊富なのでデータベースエンジニアへの転職を考えている方にはおすすめです。

未経験から異業種へのキャリアチェンジのサポート、無料エンジニアスクールなど未経験からでも一から学んでスキルを身に着けてから転職することができるというところです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

このサービスは、求人者と企業の間に転職エージェントが入り、転職活動のサポートや手続きなどの代行を行ってくれます。
また、転職エージェントに就きたい職種を伝えることにより、より求職者にマッチした求人を紹介できる利点があります。

転職エージェントが間に入るため、今まで求職者が行っていた企業との調整や交渉を任せる事が可能になり負担が軽減する点があります。また、応募書類や面接のアドバイスなどをもらえるのも役に立ちます。

doda

dodaエージェント

dodaとは求人広告媒体だけでなく、人材紹介サービスも行っています。dodaエンジニアと併設しているので、データベースエンジニアへの転職をしたい人にはおすすめな転職エージェントです。

dodaは人材紹介サービスの会員窓口として機能しています。求人情報利用者だけでなく、幅広い業種・職種で専門性を持った人材紹介利用者の希望に沿った転職先を紹介することが可能です。dodaエンジニアと併設しているので、IT・モノづくりエンジニアの採用にも最適な転職エージェントです。

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートが運営するハイクラス・エグゼクティブ向けの転職サービスです。ヘッドハンターからスカウトを受け取ることができます。

データベースエンジニアには専門性の高い職種なので、ハイクラスの求人だけをそろえたリクルートダイレクトスカウトがおすすめです。

本業に加えて企業の顧問として働くことができる「顧問求人スカウトサービス」があります。これまでの経験・知識を生かして、他の企業で副収入を得ることができます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは各業界や職に詳しい約750名以上のコンサルタントがおります。高い専門性を持っている転職のプロフェッショナルです。
JACでは、約8万人の方が登録しています。JACの紹介で転職した方の多くはエンジニアとして働いていた方が多く、エンジニアの転職支援に強みを持っています。

JACリクルートメントは、求職者と企業の両方をコンサルタントがどちらも担当する「両面型」を取り入れています。
企業の採用担当の人とも会っていており求人の背景や企業の文化も分かっている方が多いので、どんな企業なのか知ることができます。

パソナキャリア

パソナキャリア

人材派遣サービスを行う株式会社パソナが設立した業界内でも大手の転職エージェントです。非公開求人の数が多いことで知られています。
非公開求人の割合は80%以上です。データベースエンジニアへの転職を検討している場合は専門性が高いのでよりサポートを受けられるところが望ましいです。

非公開求人がとても充実しているため、専門性をもって転職を検討する人には最適です。書類の添削サポートも充実しています。女性向けやハイクラスの求人も多いです。

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

首都圏限定の高年収かつ高待遇に特化した求人を扱っています。
現役のエンジニア兼コンサルタントがいますので、情報が沢山集まり求職者と企業を適切に結びつけることが可能です。

またエンジニアがコンサルタントであると普通のコンサルタントでは理解できない部分も分かり合えデータベースエンジニアなどの専門性への転職も有利になります。

高収入、高待遇に特化しており現役エンジニアがコンサルタントをしています。入社半年以内のミスマッチ退職がゼロです。エンジニアとしてのキャリアアップが見込めます。

 

データベースエンジニア向けの転職エージェントの選び方

転職エージェントには「総合型」と「特化型」の2種類ありますが、データベースエンジニアの転職エージェントは、「特化型」のエージェントで優先的に探すのがおすすめです。初めて転職活動をする人は、サポートの手厚い転職エージェントに頼って転職活動をしていくのがいいでしょう。
各エージェントによって、展開しているサービスが違うため、自分に合ったエージェントで転職活動をしていくのがおすすめです。

「特化型」の転職エージェントは狭い業界の求人しか取り扱っていませんが、アドバイザーの質が高く、専門性の高い話ができて希望条件をしっかり汲み取ってくれます。
また、面接対策や書類の添削、転職に役立つサポート体制を活用したり、キャリアカウンセリングによって、自身では気付かなかった強みに気付いたりすること等により、1人で転職活動をしていくよりも効率的で内定獲得までの時間も圧倒的に違う転職活動が可能です。

データベースエンジニアとは?仕事内容を解説

データベースの開発や設計、運用や管理を行うエンジニアの総称です。
データベースは情報の大きな倉庫のようなものでデータを保存、必要な時に瞬時に取り出せるシステムを構築、運用する事が仕事です。

近年では情報をデータ化して保存する企業が増えています。情報システムを支えるためにはデータベースエンジニアは不可欠な職種です。ただ技術者が不足しており、市場価値も高いため社会では役にたつ職種です。スキルアップや年収アップにも繋がる仕事です。

活躍するデータベースエンジニアになるために求められるスキル

コンピュータの基礎となる知識からデータベースソフトに関する幅広い知識と理解が必要です。
コンピュータ上にデータベースを構築したり管理運用するなど企業や個人が使いやすいようにデータベースをまとめたり管理運用するスキルが必要となります。

まずコンピュータの動き方やアルゴリズムなど、基本的な知識を身につけておりその知識の応用を使ってデータベースは構築されるので、使用者には分かりやすく使いやすいように工夫してデータベースを構築するという高度な知識と技術が要求されるからです。

データベースエンジニアの将来性

今後も基本的な技術の応用や、高度な技術を持った大規模なデータベースを扱える専門のデータベースエンジニアの需要は高まっていくことはほぼ確実といえます。

それと同時にコンピュータの知識を身につけていく人口も増加していくことから自然と求められるスキルレベルも上がっていくでしょう。

日々大規模化していくデータベースを適切に管理するために最新のスキルを身につけるためのアンテナを張り巡らせておくことも重要になります。利用する側は自然と運用や構築に関する知識や技術を身につけていくために、データベースエンジニアとして求められるスキルもだんだん高度なものになっていくことが予想されるからです。

まとめ:データベースエンジニアで理想の転職がしたいならエージェントの複数利用がおすすめ

本記事では、データベースエンジニア向けの転職エージェントをご紹介しました。

データベースエンジニアは将来需要も高まっていく職業なので内定が決まれば、今後は大活躍間違いなしです!

理想の企業と出会うためにも、転職エージェントの登録は複数行うようにしましょう。