【厳選】プロジェクトマネージャー(PM)のおすすめ転職エージェント5選|将来をより良くするキャリアパスも解説

「プロジェクトマネージャーに転職したい」
「おすすめの転職エージェントが知りたい」

と、思うことはありませんか?

これから転職活動を始めようと思っても、理想の企業の内定が獲得できるか不安ですよね。

ではどうすれば転職を成功させることができるのでしょうか。

そこで今回は、

  • プロジェクトマネージャーにおすすめの転職エージェント
  • 求めらるスキル
  • プロジェクトマネージャーに向いている人

について解説します。

この記事を読めば、登録しておくべき転職エージェントからプロジェクマネージャーの知識まで全てわかります。

今、転職活動で困っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

プロジェクトマネージャーにおすすめの転職エージェント比較表

プロジェクトマネージャーおすすめ転職エージェントランキング
特徴公式サイト
マイナビエージェント
  • 面接のスケジュールを組んでくれたり、アドバイスをサポートしてくれる
  • 他社が扱っていない独占求人を紹介してくれる
公式サイト
リクルートエージェント
  • IT関係経験者の転職情報に特化している
  • キャリア相談から、書類添削や面接対策・年収交渉・入社日調整等のサポート
公式サイト
ワークポート
  •  実践的な対策を行ってくれる
  • 担当がマンツーマンで、スキルアップをするためのアドバイスをしてくれる
公式サイト
パソナキャリア
  • 非公開の求人を紹介してくれる
  • クラウドエンジニアの求人が他社と比べて多い
公式サイト
doda
  • クラウドエンジニアの求人も多数
  • 一人ひとりの価値観を尊重してくれる
公式サイト

【厳選】プロジェクトマネージャーにおすすめの転職エージェント一覧

マイナビエージェント

マイナビエージェントではプロジェクトマネージャーについて特化したコンテンツを用意しております。

プロジェクトマネージャーに特化した無料転職サービスを準備しているので気軽に相談ができ、おすすめです。

プロジェクトマネージャーになるために準備しておくべき資格やスキルをお伝えいたします。また、希望の年収別に個別の相談もいただけますので、無料で幅広くご相談いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントとは、キャリアアドバイザーが転職する際の求人の紹介や応募書類のアドバイス、企業への条件交渉を行うサービスです。
希望の条件に合わせて仕事を紹介してくれることはもちろん、キャリアの棚卸も手伝ってくれるため、自分のこれまでの強みを生かしてプロジェクトマネージャーへの転職をしたい人にはおすすめです。

リクルートエージェントは「非公開求人」という一般に公開されない求人を保有しています。その「非公開求人」の数が業界トップクラスの約10万件です。豊富な求人から希望の仕事を見つけることができます。

ワークポート

ワークポート

専任の転職コンシェルジュがマンツーマンで転職をサポートするサービスです。可能性を最大限に高める提案をしてくれます。

  • 転職コンシェルジュの「転職相談サービス」
  • 履歴書・職務経歴書簡単作成「レジュメ」
  • 転職活動支援アプリ「eコンシェル」
  • 無料講座「すぐに転職講座」
  • 無料エンジニアスクール「みんスク」

など、とても充実しています。

一人一人に専任の転職コンシェルジュがマンツーマンで転職をサポートしてくれるサービスなので、信頼して相談できる点がポイントです。

パソナキャリア

パソナキャリア

大手の転職エージェントであるパソナキャリアの転職案件は多業種にわたりますが、IT職種の案件が多いとされています。

現在のプロジェクトマネジャー公開案件は2000件以上あり、パソナキャリアは地方都市における案件も充実しているため、パソナキャリアで転職を探してみても良いでしょう。

パソナキャリアでは、無料で転職サービスを受けることが可能です。

キャリアアドバイザーの質が高く、手厚いサービスを受けることができます。また、東京以外の求人件数も多数扱っているのも強みです。

doda

dodaエージェント

dodaは求人広告媒体としてだけでなく、人材紹介サービスも行っています。
幅広い業種・職種を持つ転職希望者へのアプローチも可能です。dodaはプロジェクトマネージャーへの転職をしたい人におすすめです。

人材紹介サービスも行っているので、希望に応じて求人を紹介してくれます。求人数も業界トップクラスで、自分に合った求人を探すことが可能です。

 

プロジェクトマネージャー(PM)とは?仕事内容を徹底分析

プロジェクトマネージャーとは現場全体の責任者のことを指します。
適切な意思決定が求められ、全てにおいて責任を持ち、プロジェクトを成功へと導くまでが仕事です。

プロジェクトマネージャーとして実績を重ねていくと、専門のコンサルタントや会社の経営層といった道もあります。

また必要な資格を取得することで更なる強みとなっていき、スキルアップ、キャリア・アップへと繋がっていきます。

プロジェクトマネージャー(PM) に求められるスキル

プロジェクトマネージャーにはプロジェクトを俯瞰的に見るスキルが求められます。
プロジェクトの成功のために必要なことは、どこか1箇所を120点の出来栄えになることではなく、全体を及第点、ないしは100点に仕上げることです。

プロジェクトを成功に導くためにはスケジュール、お金、人の管理が必要不可欠です。
そういった場面で、1つのタスクに集中しすぎず、常に全体を管理・分析を行うプロジェクトマネージャーが需要となります。

プロジェクトマネージャー(PM) のキャリアパス

プロジェクトマネージャーになるためには、まずはエンジニア経験を積むことがセオリーとなります。

そのためまずはプログラミングスキルを付けるところから始めましょう。
エンジニアとして「プレイヤー」の経験が終われば、プロジェクトマネージャーの道は開けます。

「プロジェクトマネージャー」の先は、さらに大きなプロジェクトを任せて貰えたり、あるいは独立して自身でプロジェクトを立ち上げる方もいるでしょう。

プロジェクトを運営できるスキルがあれば、独立しても食べていけるため、さらに自由度の高い仕事ができるようになります。

プロジェクトマネージャー(PM) に向いている人はこの人!

プロジェクトマネージャーに向いている人はいくつかありますが、とくに以下4つの力を持っている人が向いているといえます。

  • リーダーシップがある
  • マネジメント力がある
  • コミュニケーション力がある
  • 納期内・予算内で物事をやりきる力がある

の4つです。

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者です。
プロジェクトの全体を見通し、的確な判断をして、プロジェクトを成功にまで導く重要な役割があります。

プロジェクトマネージャーの市場のトレンドはどうなる?将来性を解説

プロジェクトマネージャーというポジションは、あらゆるプロジェクトを進めていくうえで、なくてはならない重要な仕事です。

IT業界に限らず様々な現場で活躍出来る可能性を秘めていることから、非常に需要が高い職種です。

そのスキルはどのような分野においても活かすことが出来、業種問わずプロジェクトがある限り活躍の場は無限に広がります。また近年ではプロジェクトマネージャーを育成するための研修や資格取得に力を入れている企業も増えてきています。

まとめ:プロジェクトマネージャーで理想の転職がしたいのならエージェントの複数登録がおすすめ

本記事では、プロジェクトマネージャーをこれから目指す方へおすすめの転職エージェントを紹介しました。

不安な転職活動の中で、質問に答えてくれたり、サポートしてくれるアドバイザーがいると心強いですよね。

エージェントによって、提案してくれる企業も異なるので複数登録ことがおおすすめです。その中から、理想企業を見つけてくださいね!