【厳選】事務職におすすめ転職エージェント5選|転職前の事前知識も深ぼって解説

条件の良い事務職で働きたい」
おすすめの転職エージェントってどれだろう」

と、悩むことはありませんか?

転職活動を始めようとしても、どんな対策をしていいのか分からないですよね。

そんなときは、転職エージェントを使いましょう。登録後は、プロのキャリアアドバイザーが内定獲得までしっかりサポートしてくれます。

そこで今回は

  • 事務職におすすめの転職エージェント
  • 事務職の基礎知識
  • 転職エージェントを使うべき理由

について解説していきます。

この記事を読めば、すぐに新しい転職先を見つけることができますよ。

今よりも、もっと良い条件の企業で働きたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

事務所におすすめの転職エージェント比較表

事務職におすすめ転職エージェントランキング
特徴公式サイト
リクルートエージェント
  • 非公開求人を含めると15000件を超える求人
  • 面談から履歴書、職務経歴書の書き方、と内定までのサポート
公式サイト
doda
  • 「テレワーク」や「Iターン求人」など、働き方が豊富
  • チャットでサポートしてくれるサービス
公式サイト
パソナキャリア
  • チャットでサポートしてくれるサービス
  • 自分の能力を客観的に見てくれる
公式サイト
マイナビエージェント
  • 主に20代、30代の若者向けの求人
  • イメージ写真も掲載されているため、職場の雰囲気がわかりやすい
公式サイト
spring転職エージェント
  • 「非公開求人」も多数紹介
  • 求人のポイントとして、コンサルタントからの一言が掲載されている
公式サイト
リクルートダイレクトスカウト
  • 収入アップを目指せる。
  • 登録後はスカウトを待つのみ。
公式サイト

【厳選】事務職におすすめの転職エージェント一覧

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公開求人だけで約8000件あるので、様々な選択肢から検索することが出来ます。非公開求人を含めると15000件を超える求人があるので、多くの求人から自分に合う仕事が見つかります。

面談から履歴書、職務経歴書の書き方、面接対策と内定までのサポートが充実しているのも大手のエージェントだからこそです。求人数の多さとサポートの充実度は1番なので、迷ったらまず登録することをおすすめします!

doda

doda

事務求人に特化したサイトで、「総合職」や「管理職」、「営業事務」など、幅広い種類の中から自分が探したいものを見つけることができます。「テレワーク」や「Iターン求人」など、働き方が豊富なのも魅力の一つです。

就職に関する不安をチャットでサポートしてくれるサービスがあり、何をしたら良いのか分からない場合にもスムーズに動きやすいです。事務仕事のノウハウなどがコラムにまとめられており、事務職に就く上で知っておきたいことを調べられるのも嬉しいポイントです。

パソナキャリア

パソナキャリア

まず面談することで自分のスキルやアピールポイントを明確に出来る所がおすすめポイントです。自分自身を分析し理解することで視野も広がります。その上で、客観的に見た自身の魅力、売り方のアドバイスがもらえます。

面談の結果により沢山ある求人の中からマッチングを行いますので、探す時間を短縮できその分を準備時間に使えます。ダラダラ探して疲れるよりメリハリがあります。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

事務職に特化した求人サイトで、主に20代、30代の若者向けの求人が紹介されています。大手企業の求人も数多く挙がっており、転職活動のサポートも全面的に行なってもらえるのが魅力の一つです。

公開されている求人の他に、非公開の求人も多数用意されており、他では扱っていない求人を紹介してもらえることが魅力の一つです。求人一つ一つの情報が大きく、イメージ写真も掲載されているので、見やすさも嬉しいポイントです。

spring転職エージェント

 Spring転職エージェント

事務求人に特化したサイトで、「一般事務アシスタント」から、「管理職候補」まで幅広く掲載されていて、自分に合ったものを見つけやすいです。求人一つ一つの記載欄が大きく、情報が見やすいことも有り難いポイントの一つです。

求人のポイントとして、コンサルタントからの一言が掲載されているので、どのような人が求められているのかが一目瞭然です。登録すると詳細を見ることができる「非公開求人」も多数紹介されており、他では見ることができない情報を得ることができることも大きなメリットです。

【職種別】事務職におすすめの転職エージェント一覧

 

一般企業の事務職なら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界トップクラスの求人を保有しています。
そのため、一般事務の求人を探しているのなら、まずはリクルートエージェントで検索してみることをおすすめします。

福利厚生や職場の環境の良い求人が多く掲載されているので、理想の求人の候補をいくつか見つけることができますよ。また、わからないことがあれば、キャリアアドバイザーが丁寧に説明してくれますし、オンラインセミナー等も行っているので有効活用してください。

医療事務なら

doda

doda

dodaでは、細かい条件で絞って求人を検索することが可能です。一般的に、医療事務は残業時間が多いと言われています。今の職場で、残業時間が多くて困っているという方は、一度相談してみてはいかがですか。キャリアアドバイザーに「残業時間」について相談することで、良い求人を見つけてくれます。

また、これまでの経歴や資格などに自信がある方は、スカウトサービスの利用もおすすめです。求人を探す時間がなかなか取れない、という方も企業側から声がかかるので、時間を短縮して好条件の求人に出会えます。

い女性向けなら

パソナキャリア

パソナキャリア

女性に特化しているため、求めている職業が見つかりやすいところがオススメです。年代別でも検索しやすく視野を広げやすくなり転職の可能性をさらに広げることができます。

女性の転職というところで女性が求めている条件を検索しやすく、さらに女性社員を求めている会社をすぐ見つけられます。情報量が多いため転職する際に比較がしやすくたくさんの会社を知ることができます。

ハイクラス向けなら

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

年収800万〜2000万の求人を多く保有しています。
一般的に事務職の年収は高いとは言えません。しかし、リクルートダイレクトスカウトは大手企業・有名企業に出会える可能性があり、収入アップも目指せます。

登録後は、スカウトを待つだけなので、他の転職エージェントと並行にして利用することをおすすめします。また、リクルートダイレクトスカウトは厳選した非公開求人も保有しており、会員登録後に閲覧可能になっています。

事務職に転職をする前に知っておきたいこと

事務職で特に大事なスキル・資格

事務職として求められるスキルは、コミュニケーションスキル・臨機応変な対応のスキル・パソコンスキルの3点が特に大事です。特に事務職は社内スタッフとの経理上のやり取り、社外の方々への対応窓口から、前者2つが大変重要です。

コミュニケーションスキルにおいては、経理や施設管理など社内業務の運用に関わります。よって社内スタッフに「敵を作るのはご法度です」。また、社外の方々への電話対応・窓口対応もあります。そのために不快感なく簡潔かつ正確な伝達能力が必要です。さらに、社外の方々からの問い合わせは様々であるため、臨機応変な対応が必要です。社内システムでは表計算ソフトやデータベースソフトの取り扱いも必要です。

収入アップを目指すなら資格を取ろう

一般事務の平均時給は、派遣社員で1,328円、アルバイトやパートでは985円程度。正社員の場合の平均年収は、311万円程度で月給換算すると26万円とあまり高くありません。

事務職でキャリアアップするためには、色々な方法がありますが、ExcelやWord、パワーポイントなどのスキルアップをすること、経理の知識や経験を身に付けることなどが挙げられます。

残業時間は8時間程度

事務職の残業時間は、月平均8時間程度と少ないです。理由はクライアントの都合ではなく、自社の営業時間に依存するためです。ただし、イベントによる休日出勤などは発生するので、職場によって若干変わります。

事務職は、社内・社外からの依頼対応が業務内容です。よって自社の営業時間にのみ依存します。よって月残業時間は少ないです。また、業務で使うソフトやシステムの取り扱いにも慣れ、かつ内容や操作が大きく変わるものではありません。最近はRPAツールも導入されて、簡単なデータ入力ならば自動化される職場も増えてきました。

派事なら一般事務がおすすめ

事務職の派遣は、月末や月初めなとの締めの時期は忙しい傾向にありますが、基本的には定時で帰れる仕事で、女性も多い職場であることが多いように感じます。お茶汲みなどの雑多な仕事も一部ありす。

転職するなら一般事務がおすすめです。特別なスキルがなくとも雇ってもらえるケースも多いです。基本的に電話を受けたり、メールを送ったりすることが多いので、きちんとした言葉遣いは大切です。

事務職で転職を成功させるために「コミュニケーション能力」は必須

どのような仕事でもそつなくこなせるとアピールすることが大事です。また、人柄が良く、コミュニケーション能力に長けている事も大切です。最低限、のパソコンスキルは必要です。

データ入力、ファイリング、経理や総務の仕事をしなければなりません。電話対応、社内、外で多くの人と接する機会があります。エクセル、ワードの資格はもっていないと、書類選考の段階で落とされることもあります。

事務職に転職するなら「転職エージェント」を利用するべき

まず面談することで自分のスキルやアピールポイントを明確に出来る所がおすすめポイントです。自分自身を分析し理解することで視野も広がります。その上で、客観的に見た自身の魅力、売り方のアドバイスがもらえます。

面談の結果により沢山ある求人の中からマッチングを行いますので、探す時間を短縮できその分を準備時間に使えます。ダラダラ探して疲れるよりメリハリがあります。

まとめ:事務職で内定獲得したいなら、転職エージェントは複数登録

本記事では、事務職におすすめの転職エージェントを紹介しました。事務職で働きたいけれど、どの業種が良いのか分からないという人も、まずは転職エージェントに登録してみましょう。まだ迷っていても、キャリアアドバイザーがあなたのスキルや、経験から最もふさわしい求人を見つけてくれます。

早く次の転職先を見つけたい方は、転職エージェントに複数登録してください。複数登録することで、あなたの条件に合う求人を紹介してもらえる確率は高くなりますよ。