商社に強いおすすめ転職エージェント10選|気になる転職事情を解説

「商社で働く時に転職エージェントを使うべきだろうか」
「自分に合ったおすすめの転職エージェントが知りたい」

と、思うことはありませんか?

これから転職活動を始めようと思っても、理想の企業が見つかるか不安ですよね。

では、実際に商社向けの転職エージェントはどこなのでしょうか。

そこで今回は、

  • 商社おすすめの転職エージェント
  • 商社の転職事情
  • 30代から転職のハードルは上がる

について解説します。

この記事を読めば、登録しておくべき転職エージェントから商社の業界知識まで全てわかります。

今、転職活動で困っている方はぜひ最後まで読んでみてください。

商社におすすめ転職エージェント比較表

商社におすすめ転職エージェントランキング
特徴公式サイト
マイナビエージェント
  • 海外で活躍できるチャンスがある求人がある
  • 20代から30代といった若い人たち向けにも特化
公式サイト
リクルートエージェント
  • 上場企業等の大手商社の求人が豊富
  • 書類の添削から相談等色々受けられる
公式サイト
ビズリーチ
  • 年収500万円以上のハイクラスの求人
  • ヘッドハンターの検索もできる機能がある
公式サイト
JACリクルートメント
  • グローバル外資系企業に適している
  • ハイキャリアの求人情報が多い
公式サイト
リクルートダイレクトスカウト
  • ヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれる
  • 企業から直接スカウトが来たりするような仕組み
公式サイト
doda
  • 総合商社の中途採用も扱っている
  • 適性検査や診断、書類作成ツール等も用意
公式サイト
ランスタッド
  • 紹介業種分野が広い
  • 細かい条件で求人を検索することが可能
公式サイト
en World
  • グローバル人材・グローバル企業に特化した事業を展開する企業
  • 期間限定の契約やプロジェクトでの雇用が可能
公式サイト
パソナキャリア
  • 女性の転職の転職にもおすすめ
  • 非公開求人が70%ある
公式サイト

商社におすすめ転職エージェント一覧|各メリット を解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントへ登録した場合、幅広い分野での専門商社の求人が多く、自分にあった業界の紹介を頂くことが可能となっております。また現在は総合商社だけではなく、専門商社でも幅広い分野でグローバル化が進んでおり、海外で活躍できるチャンスがある求人の紹介もあり、グローバルな活躍が出来る環境で働けるチャンスも御座います。

マイナビエージェントは20代から30代といった若い人たち向けにも特化しており、尚且つ業界特化の専任アドバイザーがいる為、求人紹介から手厚いサポート受けれることが出来ます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職サイトでも大手のリクルートということもあり、商社に転職したい方にはリクルートがおすすめです。
商社関係の求人も豊富にあるので、ご希望に合った求人を紹介してもらえる可能性が高いです。

リクルートの転職サイトを利用することによって、上場企業等の大手商社の求人関係も多くあり、専門知識を持ったエージェントのサポートも書類の添削から相談等色々受けられるので大変おすすめです。

ビズリーチ

ビズリーチ

一般的な転職エージェントでは商社の取り扱いがない事が多いのですが、ビズリーチには掲載数がとても多くてここにしかない求人もたくさんあります。こういったエージェントに登録しないと商社転職を見つけるのが難しいです。

質の高い求人が多いのでマッチング数がとても多いです。年収500万円以上のハイクラスの求人も多く取り扱いがあります。ヘッドハンターの検索もできる機能もあります。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

転職エージェントの質が高いため、業界に関する知識と転職のテクニックが豊富にあります。キャリアプランの相談が的確で、紹介してくれる求人情報は自分の希望に適したものが多いですのでおすすめ出来ます。

外資系企業やグローバル外資系企業に適していますのでハイキャリアの求人情報を求めている方には最適です。転職エージェントの質もかなり高いので転職に関してはかなり対策が可能になります。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

このサービスは、商社の求人を全国に2000件以上見つけることができます。
また、一般的な求人情報ではなかなか見つからないハイキャリア向けの求人が豊富です。

登録後に自分から求人情報を探さなくとも、ヘッドハンターが代わりに仕事を探してくれたり、登録情報を見た企業から直接スカウトが来たりするような仕組みになっている点です。

doda

doda

dodaでは、総合商社の中途採用も多く扱っており、現在総合商社に勤めている方や、これから総合商社に入りたい方にとてもお勧めの転職エージェントサイトです。

dodaでは、業界でもトップクラスの約10万件にものぼる求人数があります。適性検査や診断、書類作成ツール等も用意されており、さまざまななサポートが受けられます。

ランスタッド

ランスタッド

紹介業種分野が広く、探す際の検索条件が豊富で、自分の希望に合った職種が検索できます。商社の分野の選択肢も多数あり、加工食品、海外営業、薬事から法務、総合商社まで広い求人枠を持っています。

検索にヒットした会社の概要が詳細に記述しており、給与、勤務地、保険、福利厚生条件が確認できます。一度検索した場合、類似の職種が下方に表示される為、比較検索が効率的に出来ます。

en World

エンワールドジャパン

グローバル人材・グローバル企業に特化した事業を展開する企業です。業界業種は様々ありますので、「グローバルに働きたい」という方には適した企業です。現代は非正規雇用が珍しくない時代です。正規雇用ではなく非正規雇用を選択する人は珍しくありません。管理職や特別なスキルを持った人も同様で、ブランクがある人は派遣を利用して仕事に慣れてから正規雇用になる人もいます。

期間限定の契約やプロジェクトでの雇用が可能です。また、登録しておくと希望案件を見つけ次第連絡します。他社転職エージェントと同様に面談までの日程調整や就業開始までの交渉を行います。

パソナキャリア

パソナキャリア

転職者自身をしっかりと理解できるようにカウンセリングを重視しています。「女性の転職特集」というコンテンツがあり、女性の転職の転職にもおすすめです。
現場や立ち仕事ではなく、管理部門などのオフィスワーク職種志望の人に向いています。

転職者自身が気付いていない「良い部分」を発見する努力をしてくれます。非公開求人が70%ありますので、見たことのない求人情報を見つけることができるかもしれません。

【失敗しない】商社に強い転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方で重要なのは、案件数、転職支援実績を比較することです。また、複数の転職エージェントを活用することも重要です。
また自身の希望や条件を明確にしておくことが重要です。

自身の希望や条件を明確にしたうえで、案件数が多い、転職支援実績が良いこと、複数の転職エージェントを活用することで、様々な面で比較することができ、メリットデメリットがはっきりとするからです。そして自身の希望に出来る限り近い商社を見つけることができ、満足度が高くなるからです。

30代から商社の転職ハードルは上がっていく

30代からの転職

商社への転職は非常に難易度が高いです。新卒がメインで雇用するため人材が不足していないからです。新卒から雇用し人材育成する事に力を入れている企業が多いです。そんな中でもキャリア採用をしている企業を見つけることが鍵となります。

30代で転職出来ないことはありませんが非常に狭き門です。転職するにはそれなりのスキルが求められますし、企業にとって必要な人材であることが必要事項になります。

40代からの転職

40代で商社に転職するには相当なスキルを持ち合わせている事が必要事項です。ヘッドハンティングなどで転職する事例はありますが、未経験からの商社転職はまず難しいでしょう。

商社は新卒採用に力を入れていますので、40代で採用するとなるとそれなりにその人にスキルがあり、企業が欲しいと思うような人材である事が欠かせません。他の商社で身につけたスキルを活かしながらの転職が良いでしょう。

商社は未経験者でも転職可能

商社は未経験でも転職出来ます。ただし、専門的なスキルや経験、リーダになる素質、柔軟な考え方が出来るか、など個人の個としての技量が大いに必要になりそうです。

商社の求人は新卒採用が多く、中途採用はほとんど行っていない企業が多いです。ですが最近の採用傾向としては、グローバルに活躍できる語学力があったり、より専門的な知識や経験、前職でリーダーを務めていた経験を持っている人が重宝されているからです。

商社への転職は難しい?知っておきたい転職事情

商社で働く人にとって、勤続年数が長いほど同業他社以外の転職が難しくなるようです。転職するのであれば営業経験が生きる職種ですが、商社以外への転職をする場合給与アップを望むことは難しいようです。

「商社マン」という言葉が存在する程憧れの業界のようですが、商社で習得した営業スキルにしても経験のない業界では役に立たず、専門スキルがないため転職は難しいようです。

商社への転職で成功する3つのポイント

商社は資格は取得しているほうが有利

グローバルな仕事や、事業投資、海外との貿易を行なっていたり、中小企業のコンサルティングを行なっているので

  • TOEIC 800点以上
  • 簿記2級以上
  • 貿易実務検定 B級以上
  • 中小企業診断士

以上の4点があると有利と言われています。

海外とのやりとりも多い総合商社は、英語力はもちろんのこと、原料の輸入なども行っている為、貿易資格も必要になってきます。
大手であるところから事業投資や中小企業のコンサルティングを行なっているところも多いので、簿記に関する知識や、中小企業診断などの資格も必要になってきます。

商社はこれまでの経験が重要

ビジネスでも十分に通用する英語力、新規事業の立ち上げやM&Aなどのプロジェクトに携わった経験、特定の分野での経験などがスキルとして必要とされています。

商社であれば海外の人とのやり取りが日常茶飯事になりますので、日常会話レベルではなくビジネス英語が必要になります。また、それぞれの会社に特化した分野での経験やプロジェクトを任された経験などがスキルとして生きます。

商社への志望動機で熱意を伝えよう

初めになぜ商社業界なのか」、その中でも「なぜ該当企業なのか」を明記します。該当企業でなければならない理由をアピールします。
この2つを書いた上で志望動機に発展させていきます。自分に何が貢献できるのかを明記しましょう。

次にキャリアビジョンを伝えます。これを伝えることによって熱意を担当者に伝えることができます。

まとめ:複数登録をして商社への転職を成功させよう

本記事では、商社のおすすめの転職エージェントを紹介しました。

不安な転職活動の中で、質問に答えてくれたり、サポートしてくれるアドバイザーがいると心強いですよね。

エージェントによって、提案してくれる企業も異なるので複数登録することがおおすすめです。その中から、理想企業を見つけてくださいね。