【最新版】広告・マスコミ業界におすすめ転職エージェント10選|内定獲得の秘訣を解説

広告・マスコミ業界で、登録するべきエージェントってなんだろう?
自分にあった仕事を紹介してくれるエージェントはあるのかな?

とお悩みではありませんか?

広告・マスコミ業界は社会に対して必要な情報を与る大切な仕事。需要は存在し続けるため、内定獲得できれば安心です。

しかし、広告・マスコミ業界に転職がしたくても、何からはじめていいのか分からないですよね。

そこで今回は

  • 広告・マスコミにおすすめの転職エージェント
  • 内定を獲得するコツ
  • 転職エージェントの有効活用法

について、詳しく解説します。

この記事を読めば、今よりも理想の求人に出会えること間違いなしです。

今すぐ、自分に転職エージェントに登録してみたい!という方は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

広告・マスコミ業界におすすめ転職エージェント比較表

広告・マスコミ転職エージェント・サイトランキング
特徴公式サイト
マスメディアン
  • 業界未経験者に手厚くサポートしてくれる
  • 広告・マスコミ業界の必要な情報のみ得られる
公式サイト
マスコミ求人,com
  • まだ働きたい役割が決まっていない人におすすめ
  • 好きな雇用形態を選択できる
公式サイト
doda
  • 非公開の求人案件を多く抱えている
  • 20代後半でキャリアアップしたい方おすすめ
公式サイト
マイナビエージェント
  • 担当コンサルタントの質が高い
  • 第2新卒や20代の若手向きの案件を多く取り扱っている
公式サイト
キャリトレ
  • 挑戦したい20代にはピッタリ
  • 気になる企業に積極的にアプローチ出来る
公式サイト
パソナキャリア
  • 企業とのパイプが太い
  • 特に女性向きの求人情報を多く持っている
公式サイト
Green
  • 上場企業、外資系企業等幅広い求人がある
  • これからステップアップしたい人におすすめ
公式サイト
フロム40
  • 40代50代に向けの求人
  • 短期間で転職活動ができる
公式サイト
リクルートエージェント
  • 各企業で募集している部署の情報が多数
  • 業務内容に合わせて収入の目安を提示している
公式サイト
indeed
  • 大手~地元の中小企業と幅広い
  • 掲載求人数が圧倒的に多い
公式サイト

 

【評判が良い】広告・マスコミ業界におすすめ転職エージェント一覧

マスメディアン

マスメディアン

広告・マスコミ業界に特化しているエージェントです。当業界のおいては最大規模の転職エージェントであり、業界未経験者に対しても手厚いサポートを実施してくれます。広告・マスコミ業界に転職したい人には、最もおすすめできる転職エージェントです。

他のサービスではここまで広告・マスコミ業界に特化しているわけではなく、各業種への転職情報も含めているため、不必要な情報まで舞い込んでくることが多いです。しかし、当サービスでは広告・マスコミ業界についての情報のみを基本として得られるため、転職効率が格段に向上します。

マスコミ求人.com

マスコミ求人.com

テレビ業界全般に精通しているため、まだ働きたい役割が決まっていない人におすすめです。運用監視業務、AD、映像制作、VEなど、サービスを利用し始めてから自分に合った役割を決めることができます。

マスコミ業界に特化したキャリアコンサルタントから転職支援を受けることが可能で、正社員、派遣社員、アルバイトなどさまざまな働き方が選択できます。また、入社後もアフタサポートを受けることができ、その相談も可能なところです。

doda

doda

dodaにおきましては、大手の転職エージェントですので求人数が多く、安定性があります。また、非公開の求人案件を多く抱えておりますので、登録する事で様々な情報の入手が可能です。

特徴としましては、20代後半の若手人材のキャリアアップに強い事があります。また、中小企業から大手企業への転職実績も高く、この部分ではお勧めになります。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、広告マスコミ業界の実績も多く、求人数の取り扱いも多くあります。併せてサポート体制に力を入れており、担当コンサルタントの質が高いのも特徴であります。

更に複数あるエージェントと比較すると第2新卒や20代の若手向きの案件を多く取り扱っております。併せて、対象企業の中でもホワイト企業の扱いが多く、安心感があるのも特徴となります

キャリトレ

キャリトレ

自分から気になる企業に積極的にアプローチ出来る「キャリトレ」は広告、マスコミ業界へ転職したい人にはぴったりのサイト。挑戦したい20代にはピッタリの転職支援サイトです。

キャリトレはあなたの志向性を学習しておススメの企業情報をお届けしてくれます。使えば使うほど可能性が広がり、きっと自分でも気づいていなかった可能性を発見出来る事でしょう。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアにおきましては、広告マスコミ業界の様々な職種に精通しており、幅広い取り扱いがある事があります。また、実績も多い事から企業とのパイプが太く、おすすめのエージェントになります。

パソナキャリアの特徴としましては、特に女性向きの求人情報を多く持っております。女性であれば、働かく環境が良い事やワークライフバランスがとりやすい事、結婚後も安心して働ける事等特有の事情もあり、これらには手厚い対応があると言えます。

Green

Green

Greenは、IT/Web業界のエンジニア、デザイナー、営業、マーケティングや広告マスコミ関係に強い、エージェント会社になります。スタートアップからベンチャー企業、上場企業、外資系企業等幅広い求人の取り扱いを行っております。

また、求人内容は、未経験からの転職、残業が少ない職場、若年層の職場等、特徴に応じた企業の紹介を頂ける体制があるもの大きな特徴となります。ご自身のキャリアアップ、未経験から新たな挑戦によるステップアップを行う際にも適しております。

フロム40

フロム40

40代50代に向けの求人サイトですので、年齢に応じたキャリアプランや転職先に対応することができるます。条件に合致した求人なので選考もスムーズに進めることができます。求人数が3,000件以上もあり、希望に合う転職先を探すことができますし、自分では思っていなかった最適な求人で出会えることもあります。

40代50代向けなので、年齢による不安を抱えずに転職活動をすることができます。応募すると通常1~3営業日以内で企業から返信があり、面接に進むことができます。面接後平均1か月以内に内定を獲得している方が多く、短期間で転職活動ができることもメリットの1つです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

各企業で募集している部署の情報が多数あり、その中から自分のやりたい仕事とマッチするものを選ぶことができるので、今の仕事に満足していない方ややりたいことはあるけど転職してもどんな仕事につくんだろうと不安を持った方にはおすすめです!

多数の業務の中から自分に合った仕事内容ややりたい仕事内容を見つけられることができます。また、業務内容に合わせて収入も目安としてでているので、転職時の指標にもなります。

indeed

indeed

マスコミ業界にも多様な職種がありますが、このサービスだと幅広い企業が掲載されているため自分に合う企業を探すことができます。また掲載企業も大手~地元の中小企業と幅広いのも大きな特徴です。

indeedは数ある転職サイトの中でも、企業側が無料で掲載できるプランもあるため、他転職サイトと比較しても掲載求人数が圧倒的に多いです。その中から自分に合った企業を探すことができるので、幅広く企業を見たい方におススメです。

【基礎知識】広告・マスコミの仕事内容を解説

広告・マスコミ業界の仕事内容は、各コンテンツの制作への関わり方によって多岐に渡ります。制作の各段階でいうと、情報を収集しまとめる取材・情報を伝える企画及びコンテンツの制作・情報を周知するアナウンサーや記事編集者などがあります。

常にアンテナを張っている人が向いています。広く知れ渡る前でかつ多くの人が興味を持つような最新情報にいち早く注目する必要があるからです。また、臨機応変でマルチタスクな人が向いています。状況はリアルタイムで変化しますし、多くの記事や出版に同時に関わる業務だからです。

広告・マスコミで”即”転職成功をするポイント

広告・マスコミ業界に必要なスキルや資格

広告マスコミで必要な資格は、ライティングと語学を証明できるものです。ライティング系の資格は、webライティング検定や校正技能検定・書籍製作技能検定があります。語学系の資格は英語のTOEIC・漢字検定などがあります。

広告・マスコミの編集者として、情報を正しく読み取り、分かりやすく伝える能力が必要です。そのためには、ライティングと語学能力が必要です。ライティング資格があれば正しく伝えることが証明できますし、語学資格があれば業務の正確性や幅が広がるので重宝されます。

広告・マスコミ業界は未経験でも転職可能

未経験者が広告・マスコミ業界に転職することは可能ではあります。ただし前職などの経験によって、特定業界や企業に詳しかったり、専門知識を有している方が転職に有利です。

特定業界に詳しいと、どのように広告すれば効果的なのかなど独自のツボが分かっているはずです。業界に知り合いがいると、情報源にもなります。また、医療系や技術系など報道に専門知識が必要な場合も重宝されます。

広告・マスコミの志望動機は「キャリアプラン」をアピール

広告・マスコミ業界の志望動機に必要なのは、広告及びマスコミ業界・業種・志望企業をどうして志望するかの3点を書くことです。そのためには、自分の過去の経験、業界や志望企業の関連性を通して、自分の成したいことと進む道が沿っていることを書くのが良いです。

インターネットとSNSの普及によって広告や報道の構造は大きく変わりました。従来の新聞・ラジオ・テレビの企業は、インターネットを通じた広報や消費者側のインフルエンサーなどを用いた活動も必要になっています。そのような変革している現状において、自分がなぜ広告・マスコミ業界を志望し、何を成したいかは重要です。さらに報道媒体と企業について分析し、自分が最大の成果を出せる人材であるとアピールすると良いです。

転職エージェントを有効的に活用するための注意点

転職エージェントの活用の最大のメリットは、一般では入手出来ないようなその業界特有の情報を聞ける事になります。ですから、業界のことで分からないことがあれば、キャリアアドバイザーにどんどん質問していきましょう。

エージェント会社は、求人企業と人材に関して様々な情報交換を行っている事やこれまでの採用活動の中からどのような人材が転職後に上手く行ってるかを把握しており、これらを踏まえた提案になる為です。

まとめ:広告・マスコミは「転職エージェント」に複数登録しよう

本記事では、広告・マスコミ業界におすすめの転職エージェントを紹介しました。理想の求人と出会うポイントは、業界に特化した転職エージェントに登録することです。

また、なるべく早く次の転職先を見つけたい!という方は、複数登録することをおすすめします。
転職エージェントによって、紹介できる求人やサポート内容はそれぞれ違うのでしっかり比較していきましょう。