【必見】クラウドエンジニアの転職エージェントおすすめ10選|今後の将来性についても解説

クラウドエンジニアに転職したい
おすすめのエージェントってなんだろう

と思うことはありませんか?

これから転職活動を始めようとしても、すぐに内定を獲得することができるのか不安ですよね。そんな時は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

では、沢山の種類がある転職エージェントからどうやって選択すればいいのでしょうか?

そこで今回は

  • クラウドエンジニアおすすめの転職エージェントサイト
  • 転職をする前に知っておきたいこと
  • 未経験から転職はできるのか

について、解説していきます。

この記事を読めば、すぐにクラウドエンジニアの転職を成功することができます。

転職活動でお困りの方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

クラウドエンジニアおすすめ転職エージェント比較表

クラウドエンジニアおすすめ転職エージェントランキング
特徴公式サイト
レバテックキャリア
  • IT関係経験者なら、さらに高収入が得られる求人多数
  • 面接対策・年収交渉、キャリア相談・書類、・入社日調整等のサポート
公式サイト
ギークリー
  • 面接の日程調整や、アドバイスをサポートしてくれる
  • 他の転職サービスが扱っていない企業を紹介してくれる
公式サイト
ワークポート
  •  実践的な対策を行ってくれる
  • 担当がマンツーマンで、スキルアップをするためのアドバイスをしてくれる
公式サイト
リクルートエージェント
  • 非公開の求人を紹介してくれる
  • クラウドエンジニアの求人が他社と比べて多い
公式サイト
doda
  • クラウドエンジニアの求人も多数
  • 一人ひとりの価値観を尊重してくれる
公式サイト
リクルートダイレクトスカウト
  • 高収入でハイクラスな求人が多い
  • 優秀なアドバイザーが優良企業と結びつけてくれる
公式サイト
JACリクルートメント
  • 30代から50代の転職に強みがある
  • 外資系の企業やグローバル企業の求人が多数
公式サイト
マイナビIT
  • 基礎知識を企業別にサポートしてくれる
  • 優良企業中小企業の案件が多数
公式サイト
TechClipsエージェント
  • 高収入や高待遇など質の良い求人がある
  • 登録後から内定日までのサポートだけでなく入社日の調整や年収の交渉など最後までサポートしてくれる
公式サイト
パソナキャリア
  • 公開されている求人情報のうち、80%が非公開
  • 面接対策もしていただけるため、自分一人では気付きにくい長所短所を理解できる
公式サイト

【厳選】クラウドエンジニアおすすめの主要な転職エージェント10選

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアはIT業界専門の転職サービスです。IT業界に特化しておりますので、専門的な知識を持っているアドバイザーがカウンセリングを行い求人紹介・応募・面接そして内定・入社までサポートしていきます。

企業・職種によって違う選考基準を考慮し、キャリアアドバイザーがその人に合わせた書類添削や面接対策を行います。

また、内定や入社の決定までではなく、勤務先の退職のお手伝いや入社した後のヒアリングなど最初から最後までしっかりとサポートしていきます。

>ズレないマッチング精度の高さで内定率90%!!
レバテックキャリアを確認してみる<<<

ギークリー

ギークリー

ギークリーは、IT, web,ゲーム業界に特化した転職エージェントであり、その求人案件は公開、非公開合わせて18000件(2021年1月)にも及びます。
業界専任のコンサルタントによるサポートは、求職者の満足度も高く、また、企業とのマッチング率も高いとされています。

業界専任のコンサルタントが対応するため、求職者は適切なアドバイスや気になる募集企業の詳細を知ることができ、それゆえ求職者の満足度がとても高いです。また、不採用時のフィードバックもきちんとしてくれます。

ワークポート

ワークポート

ワークポートとは転職決定人数がリクナビNEXTで2021年度上半期No.1の転職サービスです。IT業界専門のコンシェルジュもいて、専門的な豊富な知識を活かして転職をサポートしていきます。文面でのやりとりだけでなく面接対策など実践的な対策も行い、ひとりひとりにしっかりとサポートしていきます。

ワークポートでは専任の「転職コンシェルジュ」がつき、ひとりひとりに転職をサポートしてくれる体制があります。転職コンシェルジュはヒアリングを重ね、経験やスキルによって将来のキャリアプランまで一緒に考えていきます。面接対策では、書類作成から自己PRや話し方など実践的な面接の練習も行っていきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

好条件での転職を考えている方への人材紹介サービスです。株式会社リクルートキャリアが運営している会社です。
キャリアアドバイザーが、保有している非公開の求人を紹介してくれるサービスを行っています。
クラウドエンジニアの求人も他社と比べて圧倒的に多いのでおすすめです。

仕事選びの段階から情報提供が始まり、応募書類の添削や面接のアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉を行ってくれ、転職に必要な手続きを代行してくれます。
キャリアアドバイザーの対応にはムラがありますが、クラウドエンジニアの求人も他と比較して多いので、よりよい条件の求人に応募することができます。

doda

dodaエージェント

dodaとは多種多様な業種・職種の求人を紹介する転職支援サイトです。

特に昨今のニーズの高まりから、クラウドインフラの設計・構築・運用をおこなうクラウドエンジニアの求人が豊富です。

dodaは他の求人サービスとは異なり、一人ひとりの価値観を尊重しているのが特徴です。転職の際に感じる不安を解消し、個々の状況に応じた支援サービスが充実しています。

 

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートが運営する年収800万円〜2000万円を中心とした高収入で好条件なハイクラス・エグゼクティブ転職サービスです。

実績を積んだ優秀な人材をヘッドハンターと呼ばれる転職エージェントのアドバイザーが専属担当者となり優良企業と結びつけてくれるサイトです。

相談は無料の上、自分に合ったヘッドハンターを指名することもできます。

転職希望者はレジュメを登録することで、ヘッドハンターや企業からスカウトの知らせが届きます。自分の実績に対して考えていないような意外性のあるスカウトがくることもあります。

 

JACリクルートメント

外資系企業やグローバル企業の求人に強みがあり、技術職・管理職経験のある人に向いているエージェントです。転職者の1/4近くが技術系の職種に転職しており、クラウドエンジニアへの転職を希望する方にお勧めできます。

30-50代の管理職・専門職の転職に強みがあります。
グローバル転職サポートの豊富な実績があるため、外資系企業や海外進出企業への転職が可能です。各業界・職種に特化した専門性の高いコンサルタントがサポートしてくれます。

マイナビIT

マイナビITエージェント

株式会社マイナビが運営する「IT・Webエンジニア」に特化した求人サイトです。
IT・Web業界に精通したコンサルタントのきめ細かいサポートにより転職に必要な基礎知識を企業別にサポートしてくれます。

キャリアアップに役立つIT大手企業のエンジニアやワークライフバランスの確保できる優良中小企業のエンジニアなど非公開の案件も多数保有しています。
転職に必要な基礎知識の面接や履歴書の添削などは転職支援期間の制限はなく不安がなくなるまで徹底的なサポートをしています。

TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

「notari」という企業が運営するITエンジニア専門の転職エージェントです。高収入や高待遇など質の良い求人を希望する人は効率的に集めることができます。
大手やベンチャー問わず、たくさんの企業とのパイプを持っているため情報量は豊富です。

首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の求人に特化しているので集中して企業を探すことができます。

現役のエンジニアによるキャリアアップサポートのため技術者の価値がわかる企業を紹介することが出来ます。登録後から内定日までのサポートだけでなく入社日の調整や年収の交渉など最後までサポートしてくれます。

パソナキャリア

パソナキャリア

公開されている求人情報のうち、80%が非公開の為、個人で転職活動していたら知ることが出来ない情報が多いです。
転職成功ノウハウを見たり、セミナー・相談会を実施している為、安心して利用できます。

転職のプロが在籍しているため、転職する為に必要な手続きのサポートを受けることができます。
面接対策もしていただけるため、自分一人では気付きにくい長所短所を理解できます。

 

クラウドエンジニアとはどんな職種?その仕事の意味について解説

クラウドエンジニアとは、クラウドサービスを利用する際にクラウド上でのシステムの設計・構築・運用を行う仕事をします。
仮想環境でのサーバー・セキュリティ・ネットワークの構築などを行います。

今までは自社でデータセンターやサーバーを持ってサービスを運営してきました。

施設や設備・ソフトウェアなどの調達や管理を自社でやらなければなりませんでした。

それらをクラウドサービスに置き換えることで、柔軟なハードウェア構成・システム構築が可能になり、自社はサービスやアプリケーションの開発に集中することができます。

クラウドエンジニアに強い転職エージェントの選び方

クラウドエンジニアの転職活動として転職エージェントを選ぶ際、IT企業専門の転職エージェントを選ぶことが重要です。

しかし、IT企業専門の転職エージェントでなくても、業種や職種別のアドバイザーがいる転職エージェントもあるので、エージェントのサイトを詳しく見てみることも大切です。

専門的な知識を持っているアドバイザーからサポートを受けることができるからです。その中でも求人情報、応募、面接対策だけでなく内定後、現在の勤務先の退職のサポートや入社後の相談を受け付けているエージェントもあるので、エージェントサイトに掲載されている転職の流れをチェックしておくと良いです。

クラウドエンジニアに関する業界の将来性

昨今は自社で用意していたサーバーや開発環境のクラウド環境への移行が進んでいます。クラウド化によって、自社でハードウェアを用意したり、ソフトウェアのアップデート管理などの資産管理や運用管理をせずに業務に集中できるため、今後もクラウド化は推進されます。

今まではサービス用のサーバー、開発用のコンピュータ、業務用のメールサーバーやホームページサーバーなどは自社で用意する「オンプレミス」でした。しかしネットワークと仮想化技術の発展により、これらがネットワークを介したサービスとして提供されるようになりました。自社で用意する必要がないため、サービス運用やアプリケーション開発に集中できるというメリットがあり、今後もクラウド化は推進されます。

クラウドエンジニアには未経験から会社に転職できるのか

それゆえに、クラウドエンジニアは今後伸びていく職種であるため「新たなクラウドエンジニア」を育てる動きも出てくることでしょう。

そのため、簡単なITスキルさえつければ、そこからクラウドエンジニアとして登用してもらえる可能性も無くはありません。

したがって、クラウドエンジニア未経験の状態でも、最低限の独学をしていれば、クラウドエンジニアの仕事に付ける可能性もあるでしょう。

クラウドエンジニアで求められるスキル

クラドエンジニアに求められるスキルは、適切なクラウドサービスを選別する企画提案力・クラウド上でサーバーやネットワーク・アプリケーションを構築し稼働させる仮想化技術を取り扱うスキル・クラウドの基盤となっているOSやミドルウェアの運用スキルです。

クラウドによって提供されるサービスが異なるため、自社の業務や収益に見合った適切なクラウドを選ぶ能力が必要です。クラウド上で実世界のようにハードウェアやネットワークを構築し、システムを稼働させる技能が必要です。クラウド全体を管理・運用するため、クラウドOSやミドルウェア(データベースソフトなど)の運用技能が必要です。

まとめ:クラウドエンジニアを探す企業に出会うためにエージェントに複数登録しよう

本記事では、クラウドエンジニアに転職したい人におすすめの転職エージェントを解説しました。

転職エージェントによってサポート内容も変わりますし、紹介してくれる企業も異なるのでよく比較してください。

転職活動を今から進める上で、働きやすい企業を見つけるためには、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。